マイクロソフト アクションパックに Office 365 などのクラウドライセンスが追加されました。

2014/2/25 からマイクロソフト アクションパック サブスクリプションの内容が充実しました!

今までも Windows や Office が年間40000円程度で使えて、とてもコストパフォーマンスが高いパートナー施策でしたが、さらに Office365 やMSDN も付いてくるようになり、最新のマイクロソフトのソフトやクラウド製品を実際に使って学んでいくためには、涙が出るほどうれしい環境になります!

■ 改善点

  • 新しく弊社クラウド製品(Office 365、Windows Intune、Microsoft Dynamics CRM
    Online、Windows Azure)の社内使用ライセンスがご利用いただけます。
    (※CRM Online については、一定の販売条件を満たしているパートナー様への提供となります)
  • MSDN with Visual Studio 2013 および Visual Studio Online が特典として提供されます。
  • 新しく提供されるリソースセンターを通じて、パートナー様の業種に応じた販売やトレーニングのマテリアルをワンストップでご提供します。

※ 引用

▼マイクロソフト アクション パック サブスクリプション はこちら。
https://mspartner.microsoft.com/ja/jp/Pages/Membership/action-pack-subscriptions.aspx

■ Office 365 のサインアップ

さっそく Office 365 が使えるようになるまでの手順を追ってみます。
マイクロソフトのパートナー以外で、使ってみたい方は上記リンクからパートナーになってアクションパックサブスクリプションを購入して下さい。

パートナーポータルでログイン

clip_image001[6]

ダウンロードから「社内使用のソフトウェア ライセンス」へ

clip_image002[6]

このページからパートナーが使用できるMSDNのダウンロードページやプロダクトキーを取得できるページにジャンプできます。
今回は「自分のソフトウェアおよびオンラインサービスを入手する」をクリック

clip_image003[6]

メニューの「Microsoft オンラインサービス」をクリック。
Office 365 ライセンスなどはこちらのリンクから取得できます。今までのオンプレミス製品は「製品のダウンロードとプロダクトキー」の方ですね。

clip_image004[6]

MPN Online Services の「すべての製品を表示」で Office 365 が出てきます。

clip_image005[6]

MAPS という所をクリックすると「トークン」が表示されます。これが Office 365 を利用できるキーですね。
「これらのトークンを利用するには~」のリンクをクリックします。

clip_image006[6]

ここで Office 365 にサインアップです。

clip_image007[6]

さあ Office 365 を使いましょう!

コメント