USRP 16.1ドライバではPCIe接続のNI-USRP 2943Rが正しく認識しない

NI-USRPドライバは、2017年2月に新しいNI-USRP 16.1がリリースされました。

新機能

  • Support for USRP-2945 and USRP-2955 devices with LabVIEW 2016
  • Support for USRP-2900 and USRP-2901 devices with LabVIEW 2016

問題点はインストールを行うと、PCIe接続したUSRP-RIO NI USRP-2943Rが正しく認識されません。

確認したのは、

  • NI PCIe-8371(PCIe - MXI Express Interface Kit for USRP RIO 783487-01)
  • NI USRP-2943R(40MHz BW)
  • NI USRP-2943R(120MHz BW)

です。

※PXIe接続のNI PXIe-8374では問題ないようです。

NI USRP-16.1の場合

NI PCIe-8371(PCIe - MXI Express Interface Kit for USRP RIO 783487-01)をPCIeバスに挿入して、NI-USRP 16.1をインストールします。

すると、このようにデバイスは認識しているものの、びっくりマーク付きです。

clip_image001

ドライバのプロパティを見るとデジタル署名が壊れているようです。

clip_image002

ドライバのバージョンは、16.1.0f1

clip_image003

16.0の場合

次にNI-USRP 16.0をインストールしてみます。

16.1がインストールされているPCに16.0をインストールしようとすると、以下のようにインストールが出来ないので、一度NI-USRPをアンインストールします。

clip_image004

16.0のインストールが完了すると、正しく認識されています。

clip_image005

ドライバは15.1.0f0となっていますので、NI-USRP 15.1でリリースされたドライバのようですね。

clip_image006

以上

コメント