NI-USRPのFPGAイメージについて

USRPやUSRP-RIOに書き込まれているFPGAイメージのバージョンについて

USRPやUSRP-RIOは電源投入後、内蔵フラッシュメモリに保存されているFPGAイメージが起動します。このFPGAイメージは、NI-USRPドライバ(もしくはUHD)に対応する機能を持っていて、以下の画像にあるようなNI-USRPドライバのプログラムに対応するものです。

clip_image001[4]

NI-USRPドライバについては以下を参照。

USRP IQレート設定にはご注意
http://mikioblog.dolphinsystem.jp/2016/07/usrp-iq.html

USRPに書き込まれているFPGAイメージのバージョンは、使用するNI-USRPドライバのバージョンと同じである必要があります。

つまり、

NI-USRP 16.0がインストールされているPCで使う場合、USRPやUSRP-RIOのFPGAイメージもNI-USRP 16.0のイメージをである必要があります。

そうしないと、このようなエラーメッセージが表示されます。

"niUSRP Open Rx Session.vi<ERR>The FPGA version is incompatible with this version of host code. Update the image on the USRP device using the NI-USRP Configuration Utility."
clip_image002[4]

バージョンの確認とアップデート方法

USRPやUSRP-RIOをイーサネットやMXIで接続し、"NI-USRP Configuration Utility"を起動すると"Image Status"欄に"UPDATE NEEDED"と表示されていたら、USRPのFPGAイメージのバージョンが、PCにインストールされているNI-USRPドライバのバージョンより低い(もしくは高い)ことを表しています。

たとえば、

今回使用しているPCにはNI-USRP16.0がインストールしてありますが、このPCで

"NI-USRP Configuration Utility"の"Image Status"を見ると"UPDATE NEEDED"と表示されています。

これはNI-USRP 16.0以下のFPGAイメージがUSRP-RIOに焼かれているため、NI-USRP 16.0のイメージにアップデートしなさいという意味になります。

clip_image003[4]

FPGAイメージをアップデートするには、"NI-USRP Configuration Utility"の"N2xx/NI-29xx Image Updater"タブをクリックします。

下側のリストからデバイスを選択すると、上部の"FPGA Image"に焼くFPGAイメージファイルが自動的に選択されます。

そうしたら"WRITE IMAGES"をクリックします。

clip_image004[4]

※自動的に選択されたFPGAイメージファイルのパスに各種FPGA Imageファイルが格納されています。賢明な紳士淑女諸君は「あらかじめすべてのNI-USRPのバージョンのFPGA ImageバイナリをUSBメモリに入れて持ち歩く」と良いですね。

ちなみにUSRP-RIOで選択されたFPGAイメージファイル名のサフィックスはflavourと呼ばれ、以下の意味があります。
https://files.ettus.com/manual/page_usrp_x3x0.html#x3x0_load_fpga_imgs_fpga_flavours

確認が入りますので、OKかCancelを押下します。

clip_image005[4]

再度、確認が入りますので、OKかCancelを押下します。

もしFPGAイメージを焼き損じた場合は、USRP-RIOならMXI経由で再度書き込むことが出来ます。USRPの場合は、JTAGが使えるのでしょうか?

clip_image006[4]

書込は時間が掛かるため「本当に進んでいるのか」と心配になります。

タスクマネージャを起動すると"usrp_3xx_fpga_burner.exe"等のFPGAイメージを書き込むプロセスが動作していることで、買い込み中であることを確認できます。

USRP-RIOで10GBe接続で5分ほどかかります。気長に待ちましょう。

clip_image007[4]

無事完了しました。USRPの電源を再投入して下さい。

clip_image008[4]

"NI-USRP Configuration Utility"で"Refresh Devices List"を再度クリックすると、しばらくするとステータスが更新されます。

clip_image009[4]

これで正しく使用することが出来ます。

コメント