NI-SCOPE と戯れる (2) 垂直レンジと垂直オフセットの関係

今までシミュレーションデバイスで NI-SCOPE を動かしてきましたが、今日は実機のファンクションジェネレータとデジタイザを使って色々試してみます。

テスト環境

ファンクションジェネレータ Agilent 33522A
デジタイザ PXIe-5122

 

ファンクションジェネレータの設定はこのように、500KHz 正弦波, 2Vpp

clip_image001

垂直レンジ

こんな感じですね。出力・入力ともに 2vpp なので、+1~-1 の範囲に入ってます。

clip_image002

これに 4vpp を入れると、もちろんサチる。

clip_image003

10vpp にすれば、範囲に収まった波形を取得できます。

clip_image004

プローブ減衰

プローブ減衰に割合を入れると、その分アンプされます。

こちらは出力 2vpp、入力 2vpp、プローブ減衰 1.0 でレンジに収まってますが。

clip_image005

プローブ減衰 2.0 にするとサチりますね。

clip_image006

垂直レンジを 4vpp にすればぴったり範囲に入ります。

clip_image007

垂直オフセット

垂直オフセットを V 単位で設定できますが、垂直レンジとターミネーションによって設定できる値が変わります。

その値はユーザーガイドの仕様に書かれています。

clip_image008

こちらは出力 2vpp、入力 2vpp、プローブ減衰 1.0、垂直オフセットは無しの元の波形。

clip_image009

垂直オフセットを 1.0 にすると、んん?なんだかおかしな波形。

clip_image010

垂直オフセットを 0 に戻して、ファンクションジェネレータ側のオフセットを 1v にすると、オフセットがかかりました。

clip_image011

ええっと、まとめると、

  1. 垂直レンジ 2vpp→ -1~+1 の範囲を観測可能である。
  2. この状態で、垂直オフセットを 1 → 垂直レンジの中心点 0 が 1 に成るので、0~2v の範囲で観測可能になる。
  3. 出力側のオフセットを 1v にすると、0~2v の範囲で出力されるので、上記 2. の範囲に収まる。
    という事ですね。

エミュレータでの垂直オフセット

気になったのでエミュレータで垂直オフセットを試してみました。

なんか実機と違う気がする・・・。

4vpp なので範囲は -2~+2 で、垂直オフセット -2 にしているので、実機と同じであれば波形の下側が切れていてもおかしくないと思うんですが・・・。

エミュレータの垂直オフセットは、出力波形の中心点をずらしているのでしょうか??

clip_image012

まとめ

  • プローブ減衰は、減衰と言うよりもアンプ。
  • 設定できる垂直オフセットは、設定されている垂直レンジによって範囲が決まっている。
  • 垂直オフセットは、取得する波形の中心をずらすもの。
  • 垂直オフセットの動きはエミュレータと実機では異なる。

コメント