LabVIEW で時刻を取り扱う

LabVIEW 内で、時刻を扱いたいときはタイムスタンプを取得し、double に変換することで数値として取り扱う事が出来る。

タイムスタンプを double に変換し、さらにタイムスタンプに変換を行うことで、タイムスタンプに戻すことが可能である。

U64 でも可能だが、秒以下のms が切り捨てられなくなってしまう。

clip_image001

clip_image002

コメント