NI RF 関連情報のまとめ


NI RF 関連ソフトウェア

RFSA, RFSG, VST用ライブラリ, モジュレーションツールキット, スペクトラムツールキットが合わさったソフトウェア集です。

USRP をLabVIEWから使用するためのVIライブラリとドキュメント、サンプルです。

NI RF Device Drivers August 2014 

RF アカデミー

http://www.ni.com/rf-academy/

ホワイトペーパー

RF 関連のホワイトペーパーは、以下の検索結果で一覧を取得する事が出来ます。http://search.ni.com/nisearch/app/main/p/ap/tech/lang/ja/pg/1/sn/catnav:wp,n35:rf/
うまくいかない場合は、
「トップページ→製品とサービス→ホワイトペーパー」ページの左側「アプリケーション分野」からRF を選択します。
ホワイトペーパー
http://www.ni.com/white-papers/ja/
image

アーティクル

NI and TU Dresden to Develop the World’s First Open mmWave Test Bed
ナショナルインスツルメンツ、Lead Userプログラムで5Gワイヤレスの開発を推進
大規模MIMOシステムのプロトタイプ開発
大規模MIMOは、MU-MIMOの規模を大幅に拡大したものです。大規模MIMOの目的は、ネットワーク容量の増加と信頼性の向上を達成することです。それに加え、セルまたはサービス提供地域における総伝送電力が低減されることにより、大規模MIMOの基地局のエネルギー効率が改善される可能性もあります(Microwave Journal)。
Q&Aで学ぶ“5G”の現状
スマートホンやタブレット端末、ファブレット(Phablet)端末といったスマート機器の急速な普及に伴い、ネットワークの容量と帯域幅の消費量が急激なペースで増大しています。実際、業界のアナリストらは、無線データ通信の需要が2014年には2009年の35倍にまで増大すると予測しています(Microwave Journal)。

チュートリアルビデオ

RF信号アナライザのアーキテクチャの概要
シングルステージとスーパーヘテロダインのRF信号アナライザのアーキテクチャについての説明
周波数計画やスーパーヘテロダイン設計によるイメージ除去など、それぞれの動作理論について解説
エンジニアが知っておくべき信号アナライザの5つの仕様
位相ノイズ、絶対パワー精度、3次インタセプト(TOI)、ノイズフロア、ダイナミックレンジなどの各計測器基準の定義と計測性能への影響について段階的に説明
3次歪み計測を最適化する
RFコンポーネント/システムの極めて重要な線形性を表す性能指数である、相互変調歪み(IM3)と3次インタセプト(TOI)などの計測によってわかることや、線形性に対する3次歪み成分の特性評価と変調信号のスペクトル再生の関係性について説明
ベクトル信号アナライザ(VSA)の上級設定
最新のVSAは、中間周波数(IF)の高度な増幅/フィルタリング機能が搭載されており、相互変調歪みや隣接チャンネル漏洩電力計測で最大限のパフォーマンスが得られます。
動作理論の説明と、IF段階で増幅とフィルタリングを両方行うことで計測性能を向上させる方法を解説
スペクトルモニタリング受信機について理解する
RFスペクトルアナライザはよく無線計測に使用されますが、スペクトルモニタリング受信機は多くの場合無線性能を高めるため機能を強化した「専用のスペクトルアナライザ」です。
無線信号を集録する際の計測パフォーマンスを高める、プリアンプ、プリセレクションフィルタ、IFルーフィングフィルタなどの特殊機能について説明

その他プログラミング関連

LabVIEWプラグアンドプレイ計測器ドライバを開発する
LabVIEWオブジェクト指向プログラミング:設計上の判断
LabVIEWオブジェクト指向プログラミングFAQ

コメント