ドルフィンシステム移転完了しました。

新連載 : ユーザー側・発注者も知っておいた方が良い、NI-USRPのReadmeの読み方を学ぶ(1)

clip_image001[9]

こんにちはドルフィンシステム福島です。
12月も中旬になってくると水が冷たくなってきますね。

前回の投稿で「ナショナルインスツルメンツ ソフトウェア製品の不具合情報の確認手段」をご紹介しますと、予告をしました。
今回は、その第1回目として「NI-USRPドライバReadmeに書かれている重要情報の読み方」をご紹介します。
NI-USRPドライバには開発者だけでなくユーザー側・発注者も知っておいた方が良い情報が満載です。

NI-USRPドライバとは?

ナショナルインスツルメンツのUSRPを使う場合、”NI-USRPドライバ"と呼ばれるソフトウェアパッケージをインストールして使うことになります。これをインストールすることでLabVIEW開発システムからNI-USRPを使用することが出来るようになるのです。
ナショナルインスツルメンツが配布している”NI-**** パッケージ"は、
  • いわゆるWindowsのデバイスドライバ
  • LabVIEWからUSRPを制御するためのAPI群
  • APIのサンプルVI
  • FPGAのサンプルVI
  • APIなどのドキュメント
から構成されており、対象デバイス特有のソフトウェアがすべて含まれていると言って過言ではありません。

NI-USRPドライバはUSRP関連のソフトウェアが入ってますし、
NI-RFSAドライバはRF Signal Analyzer関連のソフトウェアが、
NI-RFSGドライバはRF Signal Generator関連のソフトウェアが入っています。
USRPを使用したシステムを発注した場合、既にセットアップ済で納品されるため意識することはないかもしれませんが、ドライバのバージョンによって対応しているUSRPが変わったり、対応しているLabVIEWのバージョンが違ってきます
次からNI-USRPドライバのReadmeを読んでみましょう。

NI-USRPドライバを検索する

NI-USRPドライバはお手元でお使いのコントローラやノートPCにインストールされていると思いますが、今回は検索して最新のドライバの情報を確認してみます。
検索するにはコツがいります。
"ni-usrp driver latest"
と、必ず"latest"を入れてください。
NI-USRPドライバにはいくつものバージョンがありどれが最新かわかりにくいですが、この画像のように"Latest Version"と書かれている物が最新です。
clip_image001
ドライバのページを開くと、最下段のMore Informationをクリックすると開いてReadmeが出てきますのでクリックします。
clip_image002

NI-USRPドライバのReadmeを読む(第1回)

これでReadmeにたどり着きました。
では順次Readmeに書かれた重要項目の「何が重要なのか?」を解説していきます。

New Features

この項目には、新しくサポートされたUSRPの型番やLabVIEWのバージョンがリストされることが多いです。
新しいUSRPを購入した場合は、どのドライバで新しいUSRPがサポートされているか確認します。
以下の画像はNI-USRP 17.0のReadmeですが、これを見るとNI-USRP 16.1でNI-USRP 2945, 2955がサポートされたことが分かります。
ということは、今お使いのシステムにNI-USRP 16.1以前がインストールされている場合 NI-USRP 2945, 2955に差し替えても使えないということになります。
外見は同じようなUSRPですが、対応しているハードウェアとドライバのバージョンを合わせることで動作することが出来ます。このあたりの情報を整理しながら提案し開発を進めていくのがドルフィンシステムの役割です。
image

インストールされているNI-USRPドライバのバージョンを確認する

では次にお使いのシステムにインストールされているNI-USRPドライバのバージョンを確認します。
通常ナショナルインスツルメンツ製品はNI-MAXというソフトウェアを使うことで、インストールされているソフトウェアのバージョン確認やハードウェアの管理などを行います。
ですがNI-USRPドライバは特殊なのか?NI-MAXにはリストアップされません。

clip_image001

仕方が無いのでスタートメニューから、
National Instruments→NI-USRP→ドキュメント
と行くと、インストールされているNI-USRPドライバのReadmeが開きます。

clip_image001[7]


この日付を見ることでインストールされているバージョンが分かります。


clip_image001[9]

まとめ

当初は「不具合情報の確認方法」だけをご紹介する予定でしたが、そこに行き着く前のNI-USRPドライバのReadmeにも開発者だけでなくユーザー側・発注者側の方々にとって有益な情報が満載です。
今回は、
  • NI-USRPドライバとは?
  • 最新NI-USRPドライバのReadmeの探し方
  • NI-USRPドライバとUSRPハードウェアの対応関係
を学びました。
以降3回ほどにわたってReadmeの読み方が続きます。

以上、ドルフィンシステム福島がお届けしました。

コメント