ドルフィンシステム移転完了しました。

Windows10 標準機能だけでUSRPを制御してSDRのリモート開発を行う

こんにちはドルフィンシステム福島です。
リモート制御シリーズの4回目です。

笹生の三回目で、自宅に居ながらにして会社のUSRPとPCの電源をオンオフしてリモート開発をすることが出来ました。

第1回 リモートワークの SDR 開発で「できること・できないこと」
http://dolphinsasoh.blogspot.com/2021/04/blog-post.html

第2回 リモートで行えるSDR開発環境を構築する (1)
http://mikioblog.dolphinsystem.jp/2021/04/sdr-1.html

第3回 SDR機器をSwitchBotプラグでリモートから電源オンオフ してみた!
http://dolphinsasoh.blogspot.com/2021/04/sdrswitchbot.html

前回笹生は、リモートデスクトップで制御していました。
今回は、Windows 10の標準機能である「クイックアシスト」を使って、自宅から会社のPCをリモート制御してみます。


クイックアシストとは?

Windows 10に標準搭載されている「クイックアシスト」は、ユーザサポートのために離れているユーザのパソコンを遠隔で制御するソフトで、パソコンに慣れている方が、パソコンに不慣れな方のPCを遠隔で操作してあげるには便利なツールです。

Microsoftアカウント(無償)だけで使用することが出来るので、追加の費用や設備は不要です。

ただし、制御する側と制御される側の間で、セキュリティコード(6桁の数値)をやりとりしたり、接続許可を手動でクリックするなど手作業が必要になります。また制御している内容がリアルタイムに遠隔側PCのディスプレイに表示されます。

そのため、社内の人間が自由な時間に自宅からリモート接続し遠隔のPCを制御することには向きませんが、会社にあるPCをお客さまに使用して頂くなど、社内の人間が介在しないとリモート接続できないように出来ます。操作内容がすべてディスプレイに表示されているので、操作内容を把握できる利点があります。

大まかな流れは以下の通りです。


クイックアシストで接続する

手元のPCで必要になりますのでMicrosoftアカウントをお持ち出ない方は、事前にMicrosoftアカウントを一つ作成しておいて下さい。

では早速クイックアシストで、リモート接続してUSRPを動かしてみたいと思います。
まず遠隔側PC(制御される側)でクイックアシストを起動しておきます。


次に、手元のPC(制御する側)でクイックアシストを起動します。
「他のユーザを支援する」をクリック。


Microsoftアカウントを使用していない場合は、サインインダイアログが表示されます。
作成したMicrosoftアカウントか既存のアカウントでサインインします。


サインインが完了すると、6桁のセキュリティコードが表示されますので、これをチャットか何かで遠隔側PCの人に伝えます。


遠隔側のクイックアシストにセキュリティコードを入力して「画面の共有」をクリック。


手元PCのクイックアシストで「完全に制御する」を選択して、続行をクリック。


遠隔側PCのクイックアシストで「許可」をクリック。


無事接続できました。

遠隔地のUSRPでデータ収録も出来ました。
クイックアシスト自体のCPU使用率も 0.3%と低いものなので、開発やUSRPの動作の邪魔にはならなさそうです。


まとめ

  • Windows 10に標準搭載されている「クイックアシスト」は、ユーザサポートのために離れているユーザのパソコンを遠隔で制御するソフト。
  • パソコンに慣れている方が、パソコンに不慣れな方のPCを遠隔で操作してあげるには便利なツール
  • Microsoftアカウント(無償)だけで使用することが出来るので、追加の費用や設備は不要
  • 会社にあるPCをお客さまに使用して頂くなど、社内の人間が介在しないとリモート接続できないように出来る
  • 操作内容がすべてディスプレイに表示されているので、操作内容を把握できる

以上、ドルフィンシステム福島でした。



コメント