ドルフィンシステム移転完了しました。

Zoho Assistで無料のリモートアクセスをしてみる

こんにちはドルフィンシステム福島です。
前回Windows10標準機能「クイックアシスト」でリモートアクセスをしてみました。


Windows10 標準機能だけでUSRPを制御してSDRのリモート開発を行う
http://mikioblog.dolphinsystem.jp/2021/05/windows10-usrpsdr.html


クイックアシストは簡単な操作で楽々リモート制御が出来るのですが「制御する側で操作が必要」などの制約があります。制御する側でその時に許可を与えないと接続できないので、セキュリティは高いのですが無人制御が出来ません。

今回は無償で使用できるZoho Assistを使用して無人リモート制御を実現したいと思います。


Zoho Assistとは?

「Zoho Assist」は、Zohoというクラウドサービスを提供している会社の「リモートアクセスサービス」です。

Zohoは日本ではあまり知り渡っていませんが、海外ではそれなりに知れ渡って使用されており、クラウドCRMサービスの「Zoho CRM」が有名です。

ドルフィンシステムも2013年から使用しています。Zohoはインドの会社ですが長年サービスを提供していて信頼できる会社です。

ちなみに毎週発行しているメールニュースも「Zoho Campaign」を使用して配信しております。


無料プランがあり、同時に1台のリモートアクセスが出来ますので、ちょっと会社のPCを制御するには十分です。


Zoho Assistの2つの使い方「リモートサポート」と「無人リモートアクセス」

Zoho Assistには2つのモードがあります。


ひとつは「無人リモートアクセス」。

操作される側のPCに予めリモートアクセス用のアプリをインストールしておけば、後は操作する側のPCのブラウザやアプリからリモートで操作が可能になります。


一つは「リモートサポート」。

リモート制御する場合、操作する側・操作される側両方にアプリをインストールする必要がありますが、リモートサポートの場合はアプリをインストールする必要はありません。

操作される側は、ブラウザで指定されたURLにアクセスしダウンロードしたアプリを実行するだけです。

操作する側は、Zoho Assistのページで制御するPC名を選択するだけで、ブラウザ内でリモート制御が出来ます。ブラウザ内に相手側の画面が表示され、操作できます。

急遽お客さまのPCをサポートする場合に便利です。


無人リモートアクセスを使ってみる


制御する側の作業

では無人リモートアクセスを使ってみます。

配置用リンクを「コピー」するとURLがクリップボードにコピーされますので、そのURLを操作される側のPCに持って行きます。



制御される側の作業


操作される側のPCのブラウザで、URLを開きインストーラーをダウンロードします。


ダウンロードが完了したら実行してインストールします。


インストールが完了すると、どのアカウント(メールアドレス)から制御されるか表示されます。


タスクバーに常駐します。



制御する側の作業

制御する側でアプリのインストールを行います。

ブラウザのZoho Assistのページを開き→無人アクセス→配置を表示すると、先ほどインストールした制御される側PCが表示されている事を確認します。



ウィンドウ右上の「ダウンロード」をクリックします。



ダウンロードするアプリを選択します。

デスクトップ用のアプリもありますが、Chrome拡張として動作するアプリもあります。

今回は"Chrome"をクリックしてChrome拡張を試して見ます。

chromeウェブストアが開いたら「Chromeに追加」をクリックしてプライグインをインストールします。


インストールが完了したら、ツールバーにあるZoho Assistのアイコンをクリックします。

もしアイコンがなかったら「拡張機能」のアイコンをクリックし一覧からZoho Assistを選択して開きます。

すると制御される側が表示されるので、Connectアイコンを押します。



するとログイン画面が開きました!



無事USRPも起動し、スペクトラムグラフも表示が更新されています。

0.5秒間隔なら全く問題ないですね。0.1秒間隔でもスムーズに更新されているように見えます。

ちなみに画面のアプリはドルフィンシステム製「複数USRP-RIO対応収録アプリ」です。



ファイル転送機能も使えます、、、と思ったら無料プランでは無理でした。

別途OneDrive等を使って転送するのが良いですね。



ちなみに制御される側がログインすると、Zoho Assistは自動的にログアウトして使えなくなります。

もし誰かに乗っ取られたら、こちら側でログインして乗っ取り返せば良いですね。



まとめ

  • Zoho Assistは、リモートアクセスサービス。
  • 無料で1vs1でのリモートアクセスが使える。
  • 制御される側PCに予めアプリをインストールしておくと、無人リモートアクセスがブラウザやアプリから使用することが出来る
  • USRPも使用可能で、スペクトラムグラフもスムーズに表示された


以上、ドルフィンシステム福島でした。


コメント