ドルフィンシステム移転完了しました。

SDR関連ソフトがプリインストールされたLinux ディストリビューションの "DragonOS" を試す。

SDR関連ソフトがプリインストールされたUbuntu ~DragonOS~

SDR関連のソフトウェアは、オープンソースのGNU Radioを中心としてLinux上で開発されています。

オープンソースでやっかいなのが、ライブラリの依存問題。

「これをインストールするとこのライブラリのバージョンが違うから、バージョンアップするとこっちのソフトが動かなくなる」という"Library Hell"問題が発生します。

今回試すのが"Dragon OS"。

"Dragon OS"はUbuntu Linux上にあらかじめSDR関連のソフトウェアをインストールしてあるディストリビューション。色々なSDR関連ソフトがプリインストールされているので、面倒なインストール問題も無く、ソースコードからビルドする必要も無く、楽々です。

メニューに登録されているSDR関連ソフトは以下の通りです。

GNU RadioやSDR++などの有名なもの以外にも、良く分からないのも多いですね。

  • BTLE
  • Crocodile Hunter
  • CubicSDR
  • DF-Aggregator
  • FALCON
  • GSMEvil2
  • Gqrx
  • HackTV
  • IMSI Catcher Script
  • Inspectrum
  • OP25 Boatbod
  • OpenWebRx
  • Osmo-NITB-Scripts
  • PySDR
  • QRadioLink
  • QT-DAB
  • RDF-Sim
  • RFCrack
  • SDR++
  • SDRTrunk
  • SDRangel
  • Sparrow-WiFi
  • Tetra Kit
  • Universal Radio Hacker
  • Yate
  • srsLTE-Sniffer
  • Dire Wolf
  • Flarq
  • Fldigi
  • GNU Radio Companion
  • Gpredit
  • Message Aggregator
  • QSSTV
  • QspectrumAnalyzer
  • RMSViewer
  • SigDigger
  • js8call
  • jtdx
  • wsjtx
  • LimeSuiteGui


Virtual Boxでビルドを試す

DragonOSを試すためにLinux用PCを用意するのもしんどいので、VirtualBox等の仮想PCソフトウェアを使用するのがもっとも楽です。

今回は、USBサポートが良いVirtual Boxを使用します。

仮想PCには、メモリ 8GBは割り当てます。
CPU コアは多ければ多い方が良いですが、6コアもあれば良いと思います。

VirualPCではデフォルトで1コアしか使用しないので、手動で設定して下さい。


あとUSBコントローラーは3.0を使えるようにしておきます。


ダウンロードする

DragonOSは以下のリンクからISOイメージをダウンロードします。

DragonOS_Focal_PublicR15.isoが約4GBでした。


DragonOS_10
https://sourceforge.net/projects/dragonos-10/


VirtualBoxにインストールする

VirtualBoxの詳しい使い方は省略します。

仮想PCを作成し、設定→ストレージ→コントローラーID→光学ドライブ→仮想ドライブで、ISOイメージを指定します。


仮想PCをISOから起動させるとLive linuxの起動画面が表示されるので、Enterキーを押して"live"を選択します。


起動しましたが、まだインストールは完了していません。



デスクトップ上の"Install DragonOS Focal"をダブルクリックして、"Execute"を選択します。



インストーラーが起動します。
Ubuntu Linuxのインストーラーと同じなので、省略します。

インストールが完了しました。"今すぐ再起動する"を選択します。


この暗い画面が表示されたらインストールメディアを取り出します。


VirutalBoxならバーチャルマシンの設定→ストレージ→コントローラーID→光学ドライブ→「仮想ドライブからディスクを除去」を選択してメディアを外します。

その後、暗い画面でEnterキーを押すと再起動します。



再起動させると起動中に"SDRPlay"のライセンス同意画面が表示されますので、適宜同意します。


これでインストール完了。
色々とインストールされています。



VirualBoxで画面の大きさを広げる

VirtualBoxにLinuxをインストールした場合、VirtualBoxのウィンドウを広げてもLinuxのウィンドウが一緒に広がりません。


VirtualBoxの画面サイズを自動的に大きくする。

$ sudo apt install gcc make perl linux-headers-$(uname -r)


デバイス→Guest Additions CD イメージの挿入→で、CDがマウントされます。

デスクトップ上の"Computer"をダブルクリック→デバイス→VBox_GAs_6.1.4→aurorun.sh→ダブルクリックして実行→認証ダイアログが表示されるので管理者のパスワードを入力


※管理者のパスワードは、インストール時に作成したユーザのパスワードです。



これで以下の様にインストールが完了したら、OSを再起動します。

再起動、左下のメニュー→Leave→終了・再起動を選択します。


再起動が完了したらVirtualBoxのウィンドウを広げると、Linuxのデスクトップも広がるはずです。


HackRF Oneを接続する

ここではHackRF Oneを接続して動作確認します。

BladeRFやUSRPはファームウェアのダウロードなど面倒な設定が必要ですが、つなげば動くHackRF Oneは便利です。

まずホストOSのWindows側でHackRF Oneのドライバをインストールして、下図のように認識させます。



認識が出来たら、仮想PCのデバイス→USB→Great Scott Gadgets HackRF Oneを選択します。


左下のメニュー→システムツール→QTerminal

でターミナルを開いて認識していることをlsusbコマンドで確認します。


$ lsusb


"OpenMoko~"がHackRF Oneです。

ちゃんと認識しているようです。


CubicSDRを動かす

メニューからCubicSDRを起動するとダイアログが開くので、Hack RFを選択→Startをクリック。


おお。ちゃんと信号を受信しています。

ちなみに送信信号はADALM-Plutoから送信しているLTE信号です。



Gqrxで動かす

次にGqrxを起動し、ダイアログでHackRFを選択します。


こちらも問題なく表示されます。



SDR++

SDR++でも動作しました。

ですがデバイス選択で"Hack RF"にすると開始直後にSDR++が落ちます。

仕方ないので"SoapySDR"にしてゲインを調整すると、スペクトラムが表示されますが。デフォルトのゲインはすべて0なので、適当に調整しないと無信号のように見えます。




GNU Radio

ちょっと時間が無いのでGRCは起動させただけにとどめました。

GNU Radioは3.8.1がインストールされています。

UHD は安定の3.15ですね。



まとめ

  • DragonOSは、Ubuntu LinuxをベースにSDR関連のツールをプリインストールしているディストリビューション。
  • Windows上であればVirtual Boxで、Hack RF Oneが動いた
  • CubicSDR, Gqrx, SDR++が動いた

ちょっと試したいときには便利なディストリビューションですね。




コメント