ドルフィンシステム移転完了しました。

UPERFECT X Pro UDock : キーボード一体型モバイルディスプレイのレビュー(UPERFECT Xの上位版)

 前々回のブログ「UPERFECT X : キーボード一体型モバイルディスプレイを試す」で、レビューしたUPERFECT X。

UPERFECT X : キーボード一体型モバイルディスプレイを試す
http://mikioblog.dolphinsystem.jp/2021/07/uperfect-x.html

同時にEarly Adapterで注文していた、UPERFECT Xの上位版「UPERFECT X Pro  UDock」が届きました!

UPERFECT Xは13.3インチでしたが、こちらは一回り大きい15.6インチのディスプレイ(FHD or 4K)が搭載され、キーボードと分離可能なところが特徴。

細々とした仕様は以下をご覧下さい。

https://www.uperfectmonitor.com/collections/uhd-3840-2160/products/15-6-4k-portable-monitor-for-laptop


購入方法

2021/8月現在、購入はメーカー公式サイトかaliexpressで購入できます。今のところaliexpressは日本への出荷ができますので、aliexpressか公式サイトのどちらかで注文可能です。

購入する際に、ディスプレイ解像度(1920x1080 FHD or 3840x2160 UHD)、充電器のプラグタイプを選択して注文します。

Amazon.co.jpでは、UPERFECTの製品はリストアップされていますが、UPERFECT Xはありません(2021/8現在)

支払方法は、公式サイトならPaypal一択。aliexpressならVISA or MasterCardです。
もちろん日本に代理店はありませんので(2021/8月現在)、法人で購入する際には一苦労ありそうです。


開封の儀

  • 2021/5/27に注文。
  • 2021/7/21に出荷。
  • 2021/7/27に到着。

本来は7/15到着予定でしたが、新製品のためか2週間ほど遅れたようです。
許容範囲です。

UPERFECT Xと同じく、ゆうパックでこの質感の白いビニールに包まれてきました。


開けると簡素な段ボール。相変わらず商品名は記載されていません。


まるでノートPCのように本体とケーブル、取扱説明書が入っていました。
同梱しているケーブルは、USB type-C 2本、USB type-C - type Aケーブル1本、 HDMI-miniHDMI 1本です。


ACアダプタは相変わらずの、USB-PD。PSEマーク無しなのでやはり日本では使用できません。
とりあえず福島私物の「CIO LiLNob Share USB PD 4ポート 65W」で代用して充電しました。USB PD充電器であれば大丈夫そうです。

USB-Cケーブルは、UPERFECT Xと同じ物が同梱されており、抜けなくなると怖いので私は使用しません。


外観

キーボード部分は、まるでSurfaceのタイプカバーのようなマットなビロードのような質感。
ぶっちゃけてしまえばSurfaceの方が上質ですが、悪いと言うほどではありません。


UPERFECT Xと同じく光沢ディスプレイなので、長時間の使用は疲れるかも。
ちなみに写真は出荷時の保護シール貼りっぱなしです。


キーボードを外したところ。


正面から見たところ。


裏面


左側面


右側面


LEDとインターフェイス

筐体側面や裏面にはインターフェイス類は見当たりません。ディスプレイスタンド(足)を広げると、コネクタ類が出てきます。

問題は、コネクタの刻印などが無く、どれがどのコネクタか分からないこと。
特にUSB-Cは3つ付いてますが、それぞれの機能が違う。これは困りものです。


左側面には、

  • 3.5mmヘッドフォンジャック
  • USB-C (OTG)
  • ボタン(電源オンオフ、メニュー起動、上下移動)

があります。


右端のボタンが、電源オンオフと上下キー共用のボタンです。
押し込むと電源オンオフとメニューが起動します。ボタンの出っ張りを上下に移動するとメニューでカーソルを上下移動できます。


右側面には、

  • USB-C(充電専用)
  • USB-C(フル機能 - PC接続用)
  • mini HDMI

があります。


充電中には赤色LEDが点灯しますが、LEDが小さくて奥まっているので正面で見ないとLEDが点灯しているかどうか分かりません。


本体の重さ

実測で1425g。

本体も大きくて表面がつるつるしているので、結構重く感じます。昔のノートPCを思い出しますね。

裏面も表面もビス留めは見当たりません。


キーボード

本体とはマグネットでくっついてますので、引っ張ると外れます。
が、surfaceのキーボードよりも強力なマグネットで、本体を押さえないとなかなか外れません。

キーボード単体は、率直に言うと打ちやすくありません。キーボードの強度が不足していてキーを打つとペコペコたわむのです。ちょっと打ちにくい。
またキーボードを打っている間にタッチパッドを触ってしまうことが多く、思わぬ所をクリックしてカーソルがズレたり、日本語入力がキャンセルされたりします。

Windowsの設定で感度を下げる必要があるでしょう。


本体とはポゴピンで接続されています。

ポゴピン左右に本体接続時のガイドの出っ張りがありますが、Surfaceのように具合良く位置決めが決まらず、キーボードを机の上に置いて、そろそろと本体を近づけてくっつけます。Surfaceなら片手に本体、片手にディスプレイで付くのですが。

このあたりはSurfaceは良く出来ています。


動かしてみる

左側面の電源ボタンを入れてみると、起動しました。
UPERFECT Xと違いロゴも表示されず、真っ青な画面に設定メニューが表示されるだけです。


Intel NUC9とUSB-Cケーブルで接続します。
BIOSの起動画面も表示されていて、キーボードも効くのでBIOSも入って操作できます。


Windows10も特に問題なく、操作できます。
画面をタッチしてボタンを押すことも出来ますし、タッチパッドでマウスカーソルも操作できます。


充電

19.8v 0.54Aで充電しています。


設定画面

起動中に電源オンボタンを押すと、設定画面が開きます。設定画面は直接画面にタッチして設定します。

メインの設定画面では輝度やボリュームの設定が可能です。

輝度は、「標準」・「ゲーム」・「動画」・「テキスト」・「FPS」・「RTS」がプリセットされていて、用途に応じた設定を一発で切り替え可能です。


">>"ボタンを押すと次の設定画面に移動できます。色温度を設定できます。


3つめの設定画面では、言語や自動回転のオンオフなどを切り替えられます。


まとめとファーストインプレッション

大きな画面や4K解像度が必要な方には便利なデバイスになると思います。

このデバイスを机に備え付けておいて、直ぐにスマホに接続できるキーボード付きディスプレイとしては良いものだと思います。

ですが持ち運びをしたり省スペースなディスプレイ+キーボードデバイスとして使用したい場合は、コンパクトなUPERFECT Xが良いでしょう。

良い面

  • 画面が広い
  • FHDに加えて4Kの表示が可能
  • キーピッチの広いキーボードが使える
  • キーボードとディスプレイがデタッチ出来る(デタッチしたらキーボードは使えない)
  • UPERFECT Xよりも大きいバッテリー容量

悪い面

  • コネクタに刻印が無いため、3タイプあるUSB-Cにどの機能があるのか判別できない。
  • キーボードがペコペコたわむので打ちにくい
  • キーを打っているときにタッチパッドに触ってしまう
  • 重い

これから長期利用してみて、良い点や問題点をこれから見つけて行こうと思います。

以上、ドルフィンシステム福島でした。

コメント