ドルフィンシステム移転完了しました。

Thunderbolt3でUSRP-RIOを接続する

USRP-RIOを接続可能なノートPCはLenovo ThinkPad P51 / P71がありましたが、既報の通りディスコンになってしまいました。

ですが、ノートPCにUSRP-RIOを接続したいという需要はあるはず・・・

というわけで、最近のノートPCに搭載されているThunderbolt3を使用して高速にノートPCとUSRP-RIOを接続してみる実験を行いました。

clip_image001


接続

左から、ThinkPad P51、AKiTiO Thunder3 PCIe Box、NI USRP-2954Rです。

変換ボックス大きいですね。ちょっと携帯には不向き。

clip_image001[6]

AKiTiO Thunder3 PCIe Box(銀色の箱)は、PCIeカードが1枚挿入可能です。

clip_image002

NI PXIe-PCIe8371が入っており、USRP-RIOと接続しています。

clip_image001[8]


銀色の箱とP51は、Thunderbolt3ケーブルで接続します。


ThunderBoltをつないで電源をオンする

まずはUSRP-RIOを電源オフのまま接続して、Windows10を起動します。
すると通知エリアにThunderboltデバイスが取り付けられたと、通知が来ました。

メッセージに沿ってThuderboltデバイスを「常に接続」にします。


clip_image001[10]

clip_image002[4]

デバイスマネージャで見ると、Thunderboltデバイスとしてコントローラーは認識しているようです。

clip_image003


USRP-RIOの電源をオンする

PCは電源オンのまま、USRPの電源をオンにしてみます。

するとUSRPは認識しませんでしたが、PCI-to-PCIブリッジは認識しました。

clip_image004

PCを再起動する

次にPCをシャットダウンしてから電源オンをしてみます。

その際に問題になりそうな「高速スタートアップ」は無効にしておきます。

このWindows10の機能は、新しいハードウェアの認識をスキップすることで高速にOSを起動する機能で、今回は新しいデバイスが追加されるのでオフにしておきます。

しょっちゅうデバイスの抜き差しをするPXIコントローラーやLabVIEWマシンではデフォルトオフにすることをお薦めします。

clip_image005

再起動後デバイスマネージャを確認すると、ちゃんと認識しています。

clip_image006

NI-MAXでも正しく認識しているようです。

clip_image007

早速LabVIEWでUSRP-RIOを動かしてみると・・・

clip_image008

なんとエラー。故障が発生という初めて見るエラーです。

clip_image009

ACアダプタを接続する

で、ここで気づいたのはノートPCがバッテリ駆動していた事。

ACアダプタが接続されていません。

ACアダプタがないと省電力機能が働いてPCIバスのリンク速度が遅くなるなどの現象が発生します。

というわけで、一度電源断してからACアダプタを接続して再起動してみます。

すると、ちゃんと認識しRF信号も送受信できました。

clip_image010


一度抜いてみる

Thunderbolt3を一度抜いてみます。

Thunderbolt3やPCI Expressバスの規格的にはホットスワップ(活線挿抜)に対応しているので、問題ないはず。

USRP-RIOは分かりませんが・・・

Thunderbolt3を抜くと、USRP-RIOはいなくなりますが、

clip_image011

再度挿入すると、ちゃんと認識されました。

clip_image012

ですが、先ほどの故障エラーが発生してしまいました。

clip_image009[1]


復活せず

で、その後Windows再起動やThunderbolt3の抜き差しなど、色々試してみましたが、なんどやっても上記の「故障エラー」が発生して、USRP-RIOを使うことが出来ませんでした。

原因不明です。


まとめ

  • Thunderbolt3 - PCI Express変換ボックスを使用してUSRP-RIOを認識させることが出来た。
  • 一度は、USRP-RIOでRF送受信が出来た。
  • Thunderbolt3の抜き差し等をしている内に、認識はするがエラーが発生する、という状況になり復活しなくなった。
  • Thunderbolt3 - PCI Express変換ボックスでのUSRP-RIOの常用は難しい。

私たちドルフィンシステムは、今回ご紹介したような失敗も繰り返しながらSDRシステムの開発を行っており、お客様の要望に応じた最適な無線システムを提案しています。


SDRを用いた無線システムのご要望はドルフィンシステムへ。


以上、ドルフィンシステム福島でした。

コメント